FC2ブログ
 

日々精進

小幡七福神  宝積寺

こんにちは!
訪問をいただきまして 感謝いたします。
今回は 甘楽町の 小幡七福神の 宝積寺の 紹介です!
難しいことを言うと  
織田信長の孫信良が菩提寺
宝積寺(ほうしゃくじ)は、現在のお寺より南に4キロ行った山の中腹にある天寿庵(てんじゅあん)と言う庵(いおり)からきています。
お寺の境内には、弘安3年(1280年)、正安4年(1302年)、延慶2年(1309年)の板碑が建立されています。この時代にはすでに天台宗の寺として、広い寺領を持ち、栄えていました。
そして、宝徳2年(1450年)に、領主の小幡実高候(おばたさねたか)が中興開基となり、茨城県東昌寺の即庵宗覚禅師を請いて曹洞宗(そうとうしゅう)として再興されました。
小幡氏が滅ぶと、元和2年(1616年)に織田信長の孫・織田信良候が小幡藩の藩主となり、菩提寺を宝積寺と定め、毎月参詣されました。
宝積寺は近年まで修行道場として栄えました。特に27世万仭道坦禅師(ばんじんどうたんぜんじ)が住職として入山すると、全国から多くの修行僧が集まるようになり、禅風大いに振るい、永平寺・総持寺の両本山へも多くの禅師が昇住しています。
布袋尊
09甘楽町 137
階段を 上がっていく 左側の 石垣が 凄いので 気になりますが 本堂に行きましょう。
09甘楽町 136
山城ばかりを 最近歩いたせいか 城郭の 一部に見えてしまいます!!(暖かくなったら山はやめます、平地で頑張ります)
09甘楽町 140
入山される方に 拝観料の協力の看板があるのが見えますか?!
100円を 支払って拝観です。そして 奥の本堂で お参りを済ませて 布袋さんを探します。
はっきり言えば 枝垂れ桜のところにあるんですがね(桜の頃に行って見たいです。)
09甘楽町 146
なで布袋尊とありましたので 僕も ナデナデしてきました。
ここ 宝積寺には まだまだ 紹介するものが ありまして、今回は ここまでとします。

住所 群馬県甘楽郡甘楽町轟 774
マップコード 247439588*73
それでは皆さん 尋ねてみてください!!

七福神めぐりへ  宝積寺枝垂れ桜  宝積寺物語

旅の参考に!

近くの記事  記事一覧  富岡製糸場  富岡サーチ  戦国時代にタイムスリップ 
観光協会 
富岡市観光  下仁田町観光  甘楽町観光 安中市観光  




スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック