FC2ブログ
 

日々精進

御嶽城本郭

こんにちは!
訪問いただきまして ありがとうございます。
最近 ブログも 手が込んできまして 自分でも ギブアップして しまいそうです!
金讃神社の 補足記事です
金讃神社から 御神体である 山に 登った僕は 尾根伝いに伸びる道と 弁慶の穴が ありました
鄒、鬥ャ蝓シ邇・019_convert_20090215163634
弁慶穴について 詳しく説明されているものが ありません!
岩山の下 かなり危険を感じる場所にありました。足を滑らすと 谷底にまっ逆さまに 転落です。
怖いなら 長居をしないで 
尾根伝いの道は 何処に辿りつくんでしょうか?
しばし 藪とは言わなくても それに近いものがある 道に行って見ましょう。
鄒、鬥ャ蝓シ邇・020_convert_20090215163721
行く手を阻むような岩の脇を ロープを伝って登ります!
これはまさに 城郭では?? 本郭の気配がします。
鄒、鬥ャ蝓シ邇・021_convert_20090215163809
当りました~!
御嶽城本郭跡の標柱です!!
長井政実の居城とされ 政実は初め後北条氏、後に武田氏に仕えた。金鑚神社多宝塔は安(阿)保金隆の寄進によるものから、安保氏ゆかりの城ともいえる。
戦国時代には長井豊前守政実が御嶽城にあったが、当時の御嶽城は武蔵と上野の境目の城として、関東に版図を拡げる後北条氏と上州方面から関東へ侵略を繰り返す武田氏との間で争奪が繰り広げられた激戦地でもあった。御嶽城の長井氏は武田氏に属していたが、武田氏凋落後は再び後北条氏の持ち城となった。
 最後の城主は長井右馬允信実であり、御嶽城と上州三山塁を守備していたが、正確な廃城年代についてはわからない。関東の多くの城がそうであったように、御嶽城も天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原討伐の際に前田・上杉勢の来襲を受け廃城となったものと考えられる。

上杉、前田によって この辺り一帯は落城したのね!?
関連記事 
嵐山史跡の博物館  鉢形歴史資料館  一郷山城  
鄒、鬥ャ蝓シ邇・022_convert_20090215163858
国土地理院の標識もあります。
詳しい記事はこちらで(行く前に見ておけばよかった)
下山しましょう!
鄒、鬥ャ蝓シ邇・023_convert_20090215164058
登った道と違う道を回って帰りましょう。
ここを下れば 法楽寺跡があります!
鄒、鬥ャ蝓シ邇・024_convert_20090215164020
春の日差しが とても気持ち良いです!
それにしても ここの歩道は ふかふかで 気持ち良い!

メインページの 金讃神社を見る

elfファッション
    

旅行用品&おみやげ トラベラー















スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック